はぐるま共同作業所

和歌山市岩橋643
TEL073-474-6790
FAX073-474-6730
知的障害者通所授産施設
定員30人

〜理念・目標〜
・わたしたちは、人々に夢と喜びが伝わる商品を提供することに努力します。
・わたしたちは、はたらくことを通じて自己実現を図り、豊かさを目指します。
・わたしたちは、人と自然に優しいのもを造り、地域社会に積極的に貢献することをめざします。

施設紹介

はぐるま共同作業所は、7年間の無認可作業所をへて、1994年4月に法人認可施設となり、仲間たちが仕事や人と人とのふれあいを通じて社会に参加し、生きがいや豊かさを持って生活してゆけるような活動を行っています。
主な活動は、製パン事業・製菓(クッキー)事業等です。
はたらくことを体験し、また、活動の軸とすることに主眼をおいて、仲間たちが、”私たちもはたらけるんだ!”と、自信と誇りと技術を持てるよう、一人ひとりにふさわしい自立、豊かさのあり方を探り、支援してゆくことを私たちは目指します。
製パン事業部は、午前4時から、仲間も5時から夜も明けぬ早朝からスタッフと仲間でパン作りが始まります。
その後自転車や電車通勤の仲間も加わり、8:30には全員が揃います。早朝からの仕事にもかかわらず、製パン室にはいつもにぎやかな声が響きわたっています。
作業内容は、原材料の計量(仕込み)から製造、袋詰め、販売までと幅広く何種類もの仕事があります。仲間たちはそれぞれ得意な面を活かしながら、製造工程にそった仕事をその場で判断し、こなしてくれています。 現在では、ほとんどの工程を多くの仲間たちが覚えてくれていて、仲間たちのみで製造もできるようになってきてくれています。
このような、雰囲気の中で、仲間たちは少しずつ本当の自分を取り戻しつつあります。
来無パンは、体にやさしい、美味しいパン作りを目指して、添加物の少ない原料を使用し、製造しています。

製菓事業部

製菓事業部は、生きがいや豊かさを、諸活動を通して実現してゆくことを目指しています。
作業は、できる限り、添加物の少ない材料を使ってクッキーや焼き菓子を作っています。
現在では、粉の計量から、生地こね、生地落とし、袋詰め、販売と一連の工程は仲間たちが責任と自信をもって仕事をしてくれています。
作業中はとても賑やかで、お話が飛び交い、また、個々の発達段階を重視し作業だけではなく、「豊かさを求める活動」として、レクや合宿などさまざま活動を活発に行っています。

仲間の自治会

★仲間たちが仕事や生活のことなど、様々なことを話し合える会として活動しています。 現在では、楽しいりょこの計画、今後は仲間自身が各部の運営に参加できるよう活動しています。

研修会

★仲間たちが自分たちの思いや、経験、悩みを語り学ぼうと1年間の思いを自分たちで文集にまとめ、レポートを持ち込み発表してくれます。

上に戻る


トップページ最新ニュース麦の郷とは販売データベースリンクサイトポリシー
Copyright (c) 2001-2013 麦の郷. All rights reserved.